益城町復興獅子舞

こんにちは!

熊本探偵社代表の渡邉です。

 

さて、いきなりですが、下記映像は先日、私が務めさせて頂いている益城町復興獅子舞のニュース映像です(/・ω・)/

 

熊本地震以降、京都市の支援団体から被災した益城町の「木山神宮」に獅子舞が奉納されました。

 

そして、若手の舞手がいないとの事で、この益城町復興獅子舞の舞手として私と地元の先輩に白羽の矢が立ちました!

 

仕事の合間に時間をみつけ、獅子舞の稽古をしてまいりましたが、なかなか時間が作れず、十分な稽古ができたかというとそうでもなく、不安もありました。

 

今回は私が獅子舞の頭で舞うことになり、先輩は後ろ足に徹し、頭である以上、しっかりとした獅子舞を披露しなければいけないというプレッシャーも感じていました。

 

去る9月17日に益城町にある「安永神社」の秋季例大祭にて獅子舞を披露しました!

 

 

 

その1か月後の10月17日には、同じく益城町にある「木山神宮」の秋季例大祭にて獅子舞を披露させて頂きました。

 

同日には、多くの参拝者や子供たち、テレビ局の夕方のニュースの生中継や新聞記者も多数来ており、正直、緊張はしましたが、堂々と獅子舞を舞う事ができました!

 

獅子舞に頭を噛まれると

 

「噛みつく」→「神がつく」

 

と言われており、獅子舞が邪気を喰らい運気が上がるとの事で、参拝者や子供たちが獅子舞に集まり大人気でした(^_^)

 

後日、いろいろな方から「獅子舞よかったよ!」との言葉をいただき一安心しました

( ;∀;)

 

この日は、各局の夕方のニュースでも生中継で取り上げていただき、後日、熊日新聞にも掲載され、益城町の広報誌である広報ましきの表紙も飾らせていただきました。

 

少しでも地元である益城町の力になればとの思いで獅子舞を引き受けましたが、見に来てくださった方たちの笑顔やお褒めの言葉をいただいて本当にやってよかったなと思います。

 

今後も探偵業の合間にはなりますが、時間を見つけては獅子舞の稽古を続けていき、もっと益城町の人たちに勇気と活力を与えていければと思います。

 

ボランティアではあるもの獅子舞は神事になります!

 

獅子舞をやっている私、渡邉がご相談者やご依頼者の抱えている邪気を払い、問題解決に取り組みます!!

最近、弊社の屋号である「熊本探偵社」を無断で使用している業者がいます。

こんにちは。

熊本探偵社の代表、渡邉です。

 

最近はスタッフがブログを更新していたのですが、久しぶりに代表である私がブログを書きます。

というのも、最近、熊本で同業種である他の探偵事務所が、弊社の会社名である「熊本探偵社」を勝手に使用している事実がわかりました。

 

 

同業種である以上、私の会社である「熊本探偵社」を知らないわけがありません。

もしかすると、このブログも拝見していらっしゃるかもしれませんね。

 

 

私は、10年以上前からこの探偵業でお仕事をさせていただいてます。

そして30歳になった時に独立し、「熊本探偵社」を立ち上げました。

 

 

立ち上げた当初は依頼など入るわけもなく、それでも藁をもつかむ思いで弊社にご依頼をされたお客様の案件は、必ず結果を出し、一つ一つ実績を残し、その実績が弁護士の先生の間でも話が広がり、今では口コミや弁護士の先生からのご依頼も多く引き受けるにまで至りました。

 

 

私のところに相談にこられるご相談者で、同業種である他社にご依頼をされて、かなりの高額な金額を支払い、それにもかかわらず結果が思わしくなかった為、弊社にご相談にこられるお客様も多数いらっしゃいます。

 

探偵事務所にご相談やご依頼をされる方は、ほとんどが初めての方ばかりです。

そんな中、インターネットや広告を見て探偵事務所を調べられ、問い合わせをされます。

 

ですが、相談者の方々は、どこがまともな調査を行い、まともな結果を出し、良心的な探偵事務所なのかを見極める事が難しいのが現状です。

 

悪徳と言っても過言ではない探偵事務所に問い合わせをされて、そのまま契約をされたお客様もいらっしゃるようです。

気づいた時には遅く、高額な金額(証拠が集まったとしても慰謝料額では取り返せない金額)を支払い、まともに調査をしていない、もしくは調査技術がおいつかず、証拠として不十分な内容で調査を終わらて報告書を渡されたなどの話をよく耳にします。

 

その際に他社さんの呆れた調査内容や報告書及び、高額な調査料金をお聞きして、同じ探偵業を営む者として驚きと怒りを感じることも多々あります。

そういった内情を知っていても、私はお客様に他社さんの批判は致しません。

 

 

ですが、今回、私が一から気づき上げてきたこの「熊本探偵社」の名前を勝手に使用し、その探偵事務所のブログ等で、あたかも「熊本探偵社」がその探偵事務所と同じ会社であるかのように記載されている探偵事務所さんがいることを知り、怒りを通り越し、呆れています。

 

このブログを拝見されているのであれば、即刻、「熊本探偵社」の名前を使用しないでください。

 

状況によっては法的措置も考えています。

 

同じ探偵業を営んでいるのであれば、正々堂々と営業を行い、一つでもお客様の問題に対し向き合い、まっとうな探偵業を営んでほしいものです。