BLOG

上野綜合法律事務所様

scroll

  • HOME>
  • BLOG>
  • 6月に入り梅雨到来、止まない雨はない

6月に入り梅雨到来、止まない雨はない

2021.06.01

熊本は5月下旬に梅雨入りしましたが、連日ぐずついた天気が続きコロナの終息もまだまだといった状況なので気分転換で出かけることも難しい時期ですよね。

調査をご検討中の方へ

熊本探偵社のブログをご覧いただきありがとうございます。

熊本探偵社の代表をしております渡邉と申します。

パートナーの不審な行動や不透明な行動が多く、浮気を疑われている方や確実に浮気をしているのはわかっているけど

証拠を集める方法がわからず頭を抱えていらっしゃる方など、

みなさんが思っている以上にパートナーの浮気調査を探偵にご依頼される方は多くおられます。

探偵に浮気調査を相談することを躊躇されている方は、躊躇されている時間が無駄になりますのでまずはお気軽にご相談ください。

実際、依頼を検討されている時期にパートナーに浮気の証拠が押さえられる行動を起こされて、

後日、その事実を知りあの時に調査の依頼をしておけばよかったと後悔する方も多くいらっしゃいます。

 

相談は無料ですし、現在の状況をお聞きして調査方法を検討させていただきお見積りを出させていただきます。

その場で契約をする必要はありませんのでしっかりと検討されてください。

調査は段取り8割作業2割

仕事は何にしても準備が大切になります。

探偵業に関しても現場の下見や準備、調査方法を検討したり計画などをしっかり立てて行う調査と

行き当たりばったりで行う調査とでは結果に差が出てしまいます。

たまに問い合わせで

 

「今、夫がラブホテルにいるので今から調査できますか?」

 

「明日、夫が泊まりで出張と言って出かけるんですが調査は可能ですか?」

 

など、かなり急なご相談が入ります。

 

もちろんスケジュールが空いていれば突発的に調査を行う事も可能ですが、

調査対象者の顔もわからなければ自宅や使用車両、行動パターン、浮気相手の素性がわかっているかなど綿密な打ち合わせを行ったうえで現場対応を行うのと、行き当たりばったりで調査を行うのとでは結果に差が出てしまう事もあります。

 

また、調査を行うにあたって、探偵の法律で事前に重要事項説明書の説明や調査契約書を交わさなければいけない決まりになっていますので、バタバタした状況で契約を交わさなければいけません。

 

プロの探偵でも透明人間ではありませんので、張り込みの場所や調査対象者の行動パターンを先読みして尾行を行うなど、

バレない事が前提で調査を進めていかなければいけません。

無理な尾行をして調査対象者にこちらの存在が発覚してしまうとその後の調査が難しくなるばかりか、

付きまとい行為として罰せられる可能性もあります。

 

最悪、裁判で戦う可能性も含めて浮気の証拠を集めるにはどうしても期間がかかってしまいます。

一度ラブホテルを利用した証拠だけを集めればいいわけではありませんので十分に余裕を持った状態でご相談いただければ

必ず結果に繋がります。

 

パートナーの浮気に悩まれているのであれば、すぐに行動を起こすことが問題解決への近道です。

雨を降らせ続けるのも止ませるのも自分次第です。

contactお問い合わせ

0120-96-9841

メールにてお問い合わせ

LINEにてお問い合わせ

法律事務所様へ

0120-96-9841

メールにて
お問い合わせ

LINEにて
お問い合わせ