BLOG

  • HOME>
  • BLOG>
  • 調査日時を指定するピンポイント調査につい・・・

調査日時を指定するピンポイント調査について

2021.11.12

探偵の不貞の証拠

どちらの探偵社でもご依頼者が調査の日時を指定するピンポイント調査のプランがあります。

大手の探偵事務所や興信所では、このプランでしか調査を請け負っていないところがほとんどです。

ピンポイント調査の概要

ある程度、調査対象者のスケジュールを把握されている方であればピンポイント調査で証拠を集める事が可能です。

調査対象者が出張と言っているが実際には浮気相手と会う約束を把握していたり、

休日出勤が多くなっているが実際には浮気相手と会っているという事を何かしら把握されている方はピンポイント調査がおすすめです。

 

また、証拠を集める為に最低でも2週間ほど前から調査対象者に対して家を空ける事を告げていたりすれば、

その日に浮気相手と接触しやすい環境を作る事ができるので証拠を集めやすくなります。

 

当社では、お電話でのお問合せが一番多いお問合せ方法になりますが、

いきなり「今から主人を尾行してください!」とお願いされることがあります。

場合によってはお引き受けすることもありますが、行き当たりばったりの調査は、いくらプロの探偵とはいえ、失敗するリスクが非常に高くなります。

また、探偵の法律である探偵業法の決まりでは、調査を実施する前に重要事項説明書の説明や調査委任契約書を取り交わさなければいけない決まりになっていますのでお電話一本だけではすぐに調査に取り掛かる事ができません。

 

調査は、調査対象者にバレない事が大前提で調査を進めなければいけませんので失敗をしない為にも余裕をもって事前に探偵社側と依頼者側で綿密な調査計画を立てる必要があります。

ピンポイント調査の料金プラン

前回のブログでもご説明させていただきましたが、

ピンポイント調査の料金は

 

「探偵1名の単価」 × 「調査時間」 になります。

 

また基本的には2名態勢で調査に取り掛かる為、探偵1名の単価が5,000円の場合は、

調査時間1時間につき10,000円(税別)の料金になります。

 

当社でお引き受けするピンポイント調査の料金は、1日の基本料金が20,000円(報告書作成費や車両のガソリン代等含む)と、調査員二名が稼働し1時間につき10,000円と消費税になっておりますが、

大手の探偵や興信所では、探偵1名につき7,000円から10,000円ぐらいが相場の金額になりますので

2名や3名での調査対応となると1時間あたり14,000円~30,000円という大きな金額になります。

 

インターネットで「探偵 浮気調査 おすすめ」や「浮気調査 探偵 料金」などのキーワードで検索すると、一番最初に出て来る左上に「広告」と表示されている探偵事務所がヒットします。

 

これらは上位表示する(お客様の目に留まりやすくする)為に膨大な広告料を支払っている大手の探偵社になります。

 

一般の方は、広告の仕組みやその広告にどれだけの費用がかかっているのかをご存じない為、一番最初に出てきた探偵興信所をクリックしてしまいがちですが、大手探偵興信所の調査料金は、地方の探偵興信所の調査料金と比べ雲泥の差で高額です。

「証拠が撮れなければ0円」などと表示しているサイトはクリックしないよう気をつけられてください。

また、ホームページ上では、一見安い金額を提示している探偵興信所が多く見受けられますが、

実際には調査員1名の単価を表示しているだけであり、見積りを出すと調査員が2名や3名での対応と言われ、1時間あたりの単価の金額が上がります。

また、調査車両の使用代や報告書作成費なども別途請求される場合がありますのでご相談時に最終的にいくらの調査料金になるのかをしっかり確認されてください。

低料金を提示している探偵社は確実と言っていいほど調査料金が高額になります。

 

また、優良な探偵社に依頼する為にはその場では契約せず、面倒でも複数の探偵社にご相談されることをお勧め致します。

必ず地元熊本の調査会社を選択肢に入れてご相談時にご納得された場合のみ契約書を取り交わすようにしましょう。

ピンポイント調査のデメリット

調査対象者が浮気相手と接触する日を把握している方であれば問題ありませんが、

怪しい日が把握できずに闇雲に調査日を指定しても結果が伴わないケースが多々あります。

 

結果論にはなりますが、いざ調査をしても浮気相手と接触しなかったり肉体関係を立証できる証拠が撮れなければ無駄な出費になってしまいます。

 

本当にその日に浮気相手と接触するのかどうかが確定できる方であればおススメの調査プランではありますが、

指定した日に浮気の証拠が集まらなければ改めて調査の日時を指定しなければいけません。

調査を何度も繰り返してしまえば調査料金は加算されてしまい膨大な金額になってしまうので注意が必要です。

ピンポイント調査が難しい場合

一般的に調査対象者がいつ浮気相手と接触しているかを把握する事は難しいでしょう。

そういった方は、ピンポイント調査では証拠が撮れる可能性は低いと言えます。

ピンポイント調査を1日だけでなく、数日間行えば結果が伴う可能性も上がりますが、

それに伴い調査料金も加算されてしまいます。

 

1日だけでは証拠が集まらない可能性がある場合は、ピンポイント調査を数日間検討されるか、探偵社によっては調査料金が割安になるパック調査プランなどもあるのでピンポイント調査以外での調査プランを検討された方が賢明です。

 

当社では、「ピンポイント調査」「パック調査」「成功報酬制プラン」の3つの調査プランがあり、ご相談者の相談内容によってどの調査プランが適正なプランかをアドバイスさせていただきます。

 

余談にはなりますが、以前、浮気調査をご依頼されたお客様が、調査終了後に弁護士事務所に相談に行かれました。

その際に当社の報告書を弁護士の先生に確認してもらい弁護士の先生から探偵費用を聞かれたらしく、お客様が調査料金をお伝えしたところ、報告書のクオリティと調査料金の安さに驚かれたと後日、嬉しいお言葉をお聞きしました。

 

当社の調査料金は、一般的な探偵費用の相場から考えれば、低料金の料金態勢となっておりますし、証拠が集まるよう効率の良い調査方法を検討させていただきますが、調査内容によってはどうしても調査期間がかかってしまう場合があります。

 

調査対象者の移動手段が車ではなく、徒歩などの場合は、車での尾行よりも格段に調査難易度が上がりますし、調査対象者の行動を把握することが難しくなる為、ピンポイント調査やパック調査でのお引き受けしかできない場合があります。

移動手段が車などであれば、効率良く成功報酬制のプランでのお引き受けも可能ですので調査を検討されている方は、まずはお気軽にご相談ください。

LINEでのお問合せはコチラをクリック

 

メールでのお問せはコチラをクリック

 

お電話でのお問い合わせはコチラをクリック

contactお問い合わせ

0120-96-9841

メールにてお問い合わせ

LINEにてお問い合わせ

法律事務所様へ

0120-96-9841

メールにて
お問い合わせ

LINEにて
お問い合わせ