BLOG

上野綜合法律事務所様

scroll

  • HOME>
  • BLOG>
  • どこからが浮気・不倫?浮気の証拠とは?

どこからが浮気・不倫?浮気の証拠とは?

2021.04.26

浮気の境界線や証拠とは?

浮気と言っても人によって境界線が違います。

嘘をついて異性と会った時点で浮気と言われる方もいますし、キスをしたら浮気と言われる方もおられます。

では、いったい本当の浮気の境界線とはどこからなのでしょう?

下記の5つの中で浮気・不倫の証拠となるものはどれでしょう?

①携帯で「好き」などのラブラブなやり取りや着信履歴
②手をつないだ写真
③二人っきりで食事に行った写真
④ハグをした写真
⑤キスをした写真

正解は、

すべて浮気・不倫の証拠とは言えません。

厳密に言えば、浮気の証拠のひとつにはなりますが、上記の証拠だけでは慰謝料請求が厳しいということです。

キスも浮気・不倫じゃないの?と思われる方もいらしゃると思いますが、

法律上、浮気・不倫というものは、

配偶者以外と「肉体関係」を持つことのみが「不貞行為」とみなされるので、

キスだけでは浮気・不倫とは言えないのです。

民法709条「貞操義務違反」

夫婦間には貞操義務があり、

違反すると不法行為とみなされ、

慰謝料(損害賠償)の請求が可能となります。

※結婚していない場合は原則として不貞行為とはなりませんが、婚約をしているなどの状況があれば慰謝料請求は可能です。

慰謝料とは

「心のキズ」を埋め合わせるためのお金になります。

パートナー(夫・妻)に不倫・浮気をされたことで、

精神的苦痛を感じ離婚の原因となった場合、

心の傷の深さに比例して慰謝料額も決まります。

浮気・不倫の期間が長く続いていた場合。

不倫相手が妊娠・出産した場合など、様々な条件が考慮されます。

 

婚姻生活の状況下では、

①子供がいて、夫婦円満、結婚して日は浅いが同棲関係は長期だった。
②子供はいるが会話もなく家庭内別居状態、結婚生活は長いが破綻寸前の夫婦。

 

この場合は、

①の方が慰謝料額が高くなりま

慰謝料額としては、

離婚しない場合は、50万~100万、

離婚する場合は、200万~300万が相場です。

 

 

慰謝料を請求する場合は、

言い逃れができない証拠集めが必要なってきます。

 

その為、電話の履歴やツィッターやLINEなどの不倫・浮気の事実が推測できる文面のみを集めるだけでは、

不倫・浮気の証拠としては弱いため、

ラブホテルの出入りなど、

反復・継続的な肉体関係が証明できる証拠が必要になります。

 

すでに夫婦で離婚に向けて話し合いを進めている状況で浮気調査をご相談される方もいらっしゃいますが、

この時点で浮気の証拠を押さえたとしてもすでに離婚の話し合いを進めていたから夫婦関係は破綻していたと主張され慰謝料請求が難しい場合もありますのでご注意ください。

※一方的に離婚を要求されている場合は慰謝料請求が可能ですので一度ご相談ください。

もしパートナーの不倫・浮気を疑われている方は、

離婚の話し合いを進める前に浮気の疑いがある場合は早急に相談されることをおすすめします

 

contactお問い合わせ

0120-96-9841

メールにてお問い合わせ

LINEにてお問い合わせ

法律事務所様へ

0120-96-9841

メールにて
お問い合わせ

LINEにて
お問い合わせ