素行調査

上野綜合法律事務所様

scroll

依頼急増の素行(行動)調査

2015.12.16

最近、特に素行(行動)調査の依頼が多い傾向にあります。

素行調査とは、読んで字のごとく素行(行動)を調べる調査です。

従業員の素行であったり、お子さん、恋人や婚約者などの行動が気になり調査を依頼する方が増えています。

 

信用したいけど、何かひっかかる点があったり、子供が非行に走っていないか、婚約者の金遣いが荒く何に使っているか気になるなど、その人の行動を一度調べてみたいと思われている方が多いようです。

 

 

従業員の素行調査

素行調査で一番多いのが従業員の素行調査です。

 

営業職の従業員が不正を働き会社の情報を漏えいしていたり、営業中にサボっていたりなど蓋を開けてみればろくでもない従業員だったなんてこともよくある話です。

 

給料を払っている以上、勤務中はしっかりと職務をまっとうするのが当たり前ですが、就業中に営業のフリをしてマンガ喫茶やパチンコ店に入り浸っていたり、取引先との契約を会社を通さず個人で仕事を請け負い、売り上げを着手していたりする場合などがあります。

 

他にも、従業員同士で付き合っていたりする場合もよく見受けられます。

 

個人の恋愛は自由だとは思いますが、社内不倫をしている場合が多く、社会倫理に反した行動をとった交際をしている場合、その情報が社外に漏れると会社の信用問題にも関わってきます。

 

従業員の素行に関しては、会社が取り返しのつかない不利益が出る前にしっかりとした対応が必要です。

 

お子さんの素行調査

次に多いのが子供の素行調査です。

 

息子さんや娘さんの帰宅時間が遅く何をしているかわからなかったり、非行に走っている状況が見受けられたり、外泊して帰ってこないなど、お子さんの素行を心配される親御さんが素行調査を頼まれます。

最近は、防犯の為に小学生が携帯電話を持っていることも当たり前になってきました。

ですが、その便利な携帯電話によって危ない世界に引き込まれる可能性が増えたことも事実です。

出会い系サイトや今流行りのSNSなどでいろんな人と出会うことができるようになりました。

 

未成年にも関わらず飲酒や喫煙をしている場合はよくありますが、それ以上に恐ろしいのが薬物に手を染めていたり出会い系サイトなどで援助交際をしている場合も今の時代珍しくはありません。

 

先日も小学生が大麻を使用していたニュースが流れており衝撃を受けました。

私自身、今まで調査を行ってきて目を疑うような光景を嫌というほど目撃してきました。

自分の子供を疑いたくはないかもしれませんが、自分の子供を心配するのは親として当たり前のことです。

何かあってからでは遅い場合もあります。

少しでも不安な点がある時には一度、素行調査を行ってみることも子供を守る親の立場として大切な事だと思います。

 

恋人や婚約者の素行調査

恋人や婚約者の素行調査を頼まれる方も多いです。

調査対象者の普段の行動(生活状況)を調査し、勤務状況、勤務後の行動、金銭感覚や生活全般の行動を把握します。

もちろん、ストーカー行為になりかねませんので、相談の時点で調査を行っていいものかどうかをこちらでしっかりと判断させて頂きます。

 

そして、恋人や婚約者の素行調査をしている途中で浮気調査に移行する場合もよくあります。。。

依頼者としては金遣いが荒い恋人がギャンブルにのめり込んでいないか心配になって調査を入れているのに、浮気相手がいることが発覚したり、風俗にのめり込んで大金をつぎ込んでいる事実が発覚した調査もありました。

 

調査結果で複雑な気持ちになることも多いですが、調査をしなければわからなかった事実が調査を入れたことによって事実が判明し、それはそれで依頼者の今後の人生において知っておいてよかった事だと私は思います。

 

素行調査を行うにあたって

当たり前のことですが、素行調査を行うとその調査期間中の調査対象者の行動が判明します。

 

知らぬが仏という言葉もありますが、知っていればこんなことにならなかったと後悔されるより、知ったうえでその問題についてどう向き合うかが大切だと思います。

 

本当に信頼している人だから調査を入れるのが後ろめたい気持ちになるのもわかりますが、調査を行い何も問題がなければ、その後はしっかりとその人を改めて信用できるようになります。

いつまでもモヤモヤした気持ちや疑う気持ちを持ち続けるのであれば、一度、素行調査を検討してみるのも解決策のひとつだと思います。

 

 

contactお問い合わせ

0120-96-9841

メールにてお問い合わせ

LINEにてお問い合わせ

法律事務所様へ

0120-96-9841

メールにて
お問い合わせ

LINEにて
お問い合わせ