探偵の調査料金は高額!?

お金

 

探偵の調査料金って高額なイメージですよね?

 

ごくまれに「1万円ぐらいで浮気調査できますか?」と問い合わせがあります。

 

裁判に勝訴するレベルの証拠を取得しようと思うのであれば1万円では無理です。

 

(10万円で完璧な家を建ててくださいと言われているようなものです(汗)・・・例えがあっているか微妙ですが(汗))

 

ですが、弊社では、初回の依頼者に限り、1週間1万円の簡易調査を行っています。

 

(正直、完全に赤字ですが・・・)

 

この調査は、対象者の行動を把握する調査です。

 

 

「浮気をしている確信はないけど、行動が怪しい」

 

 

「でも、いきなり探偵に頼んで浮気をしていなかったらお金の無駄だな」

 

 

と思われる相談者の為に、弊社は赤字覚悟でこの料金でやらせて頂いています。

 

こちらとしても、相談者のパートナーが浮気をしているか半信半疑の状態で、いきなり正規料金で調査依頼を請け負っても、

 

浮気をしている事実がなかった場合は、なんとも言えない心境になります・・・。

 

浮気をしていない事実が判明した事は本当は喜ばしい事です。

 

ですが、依頼者は浮気調査をしたのに浮気をしていなかった事実を残念がる傾向が多いような気がします(汗)

 

熊本の浮気・不倫調査 の相場

 

 

さて、探偵の調査料金が高額なのかどうかというテーマですが、

 

 

(ぶっちゃけ話ばかりするのでそのうち他の探偵事務所さんに怒られるかもしれませんが・・・汗)

 

 

 

熊本で浮気調査や素行(行動)調査など、調査員が尾行、張込みを行う場合

 

調査員1名につき1時間あたり5000円~10000円が相場です。

 

(※調査内容にもよりますが、尾行・張込みは二人一組で調査を行う事が基本なので、1時間あたり2名分の料金になる場合が多いです。)

 

 

「なんでこんなに値段に差があるの?」と疑問に感じますよね。

 

 

1時間5000円の調査員より、1時間10000円の調査員の方が調査力や技術力があるのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

まず、この1時間あたり5000円~10000円の料金をおおまかに内訳してみると

 

・人件費

 

・広告費

 

・通信費や燃料費

(※会社によっては別途実費がかかる事があります)

 

・家賃や会社を運営する上でかかるその他の諸経費

 

・会社に残る純利益

 

 

と、なるわけです。

探偵事務所の広告費

 

ほとんどの相談者は、

 

電話帳やインターネットを閲覧し、探偵事務所に相談の電話やメールで問い合わせを行います。

 

中には、ビルの屋上の大きな探偵事務所の看板を見たり、情報誌に掲載された広告を見て電話をかけられる相談者もおられるでしょう。

 

この全ての広告媒体には広告費がかかっています。

 

媒体によっても料金はさまざまですが、相談者の目に留まる広告は、年間、何百万円~何千万円の広告費がかかっています。

 

探偵事務所にとって一番力を入れ、一番お金をかけているものが広告宣伝費です。

 

当たり前ですが、広告が目に留まれば問い合わせも多くなり、売り上げも上がります。

 

広告費に経費をかけている場合は、おのずと客単価を上げなければ利益を生みません。

 

調査員1時間あたり5000円で利益を生むのか

 

それとも、

 

調査員1時間あたり10000円で利益を生むのか

 

と、なるわけです。

 

探偵事務所も普通の会社

 

どこの探偵事務所でも利益が多ければ多いほどそれに越したことはありません。

 

どこにでもある営利会社と一緒なんです。

 

ですが、安ければ良いというわけでもありません。

 

調査員1名あたりの料金が安いということは、他で利益を生もうと考えています。

 

例えば、調査料金以外に

 

・基本料金

 

・車両費

 

・調査機材費

 

・報告書作成費

 

 

などを上乗せするパターンです。
報告書作成費がかかることは理解できますが。

 

(報告書作成って実はものすごく大変なんですよ・・・汗)

 

基本料金に関しては、最低限この料金を頂かないと利益が全くでない状況を防ぐためです。

 

(利益がないと探偵事務所も潰れちゃいますから・・・汗)

 

もしくは、基本料金が無くても3~4時間以上からじゃないと調査を受けない探偵事務所がほとんどです。

 

(1時間だけ調査を受けても利益が出ないからです)

 

車両費、調査機材費はよくわかりません。

 

(レンタカーを借りて調査をするのか、調査機材をレンタルして調査を行うのか・・・。

そもそも、調査機材ってGPSのこと?隠しカメラ?)

 

なので、不透明な料金を支払わない為にも、調査料金の見積もりを出してもらい、料金の詳細をしっかりと確認することが大切です。

 

 探偵事務所を選ぶにあたって

 

探偵で重要視されるのは料金が安いことではなく調査力です。

 

(依頼者にとって、料金が安いに越したことはないと思いますが、料金だけに左右されないでください)

 

証拠や情報を取得できなければ料金が安くても何の意味もありません。

 

探偵の商品は情報であり、洋服や食べ物などの在庫品を販売するわけではありません。

 

調査を引き受けて、そこから手元にない情報を取得するのです。

 

 

 

その情報や証拠を取得する為に相談者の具体的な話の内容を聞き

 

調査員や調査時間がどれくらい必要なのかを算出し、料金を提示するのです。

 

値段だけを見ると高額に感じるかもしれませんが

 

まともな調査会社の料金詳細を聞けば、なぜそれだけの料金が算出されるのかが理解できるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵のイメージ・探偵ってまともな人がやってるの?

YUUSEI85_hutarikonbini15234822-thumb-1000xauto-12471

 

こんにちは、熊本探偵社の渡邉です。

みなさんは「探偵」と聞くと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

アフロヘアーに黒い中折れ帽を被り、サングラスを掛けて白いベスパを乗り回しているイメージ?

(時代背景が古いかな・・・)

 

それとも蝶ネクタイをつけ、時計から麻酔針を飛ばすイメージ?

(子供向けすぎるか・・・)

 

はたまた、黒髪のロングヘアーで美人かつ、頭がキレて妹の敵を討つため悪徳探偵を探しているイメージ?

(木10、絶賛放送中。)

 

 

探偵についてリアルな意見

 

冗談はさておき、

 

リアルな意見として聞いた内容が、

 

「浮気調査で尾行したり張込みをして刺激があっておもしろそう。」

 

「ドラマを見てて、かっこいいイメージ。」

 

「ハッキリ言って社会的にグレーなイメージだし、高額料金を請求されそう。」

 

こんなところでしょうか。

 

探偵って非現実的ですよね?

 

なんかテレビの中の職業みたいな。

 

表と裏だったら裏のイメージ。

 

浮気調査にしても、人探しにしてもコソコソかぎまわってる感じがありますしね。

 

私も20代前半の頃にこの業界に入りましたが、そんなイメージを持ってました。

 

家族や親戚にも職業が探偵なんてまともじゃないと言われるし。

 

とにかく、怪しい、危険、裏の世界、まともな仕事じゃない

 

探偵って、そんなイメージばっかりですよね。

 

でも、探偵がやってる仕事って全てが人助けなんですよ。

 

浮気調査も人探しも、盗聴調査もストーカー調査も全てが悩んでいる人を助ける仕事。

 

じゃあ、なぜ怪しいイメージしかないのか?

 

それは、ほとんどの人が探偵に関わった事もなければ、関わることもないからだと思います。

 

悪徳探偵ばかりが事件に絡んでいたりニュースに出たりする事で業界全体のイメージが悪くなったことも原因でしょう。

 

 

 

探偵の法律「探偵業法」

 

平成18年6月に暴力団関係者が関与した業者の排除や、消費者の保護などを目的 にした「探偵業法」が制定され、平成19年6月に施行されました。

 

これによって悪徳業者の数もだいぶ減りましたが、未だ法外な高額料金を請求する業者もあり、まっとうな探偵業者までもが市民権を得れず、依然として業界に対するグレーなイメージが拭いきれていないのが現状です。

 

探偵の仕事内容

探偵の仕事内容には、

早朝から取り掛かる仕事もあれば、夜中から取り掛かる仕事もあります。

 

地味に12時間以上ぶっ遠しで張り込む場合もありますし、対象者の自宅から九州圏内はもちろん、関東方面や離島に至るまで絶対にバレないよう、見逃さず、調査対象者の行動に合わせ、様々な交通手段を用い、その場の判断で長時間の尾行、撮影を行うこともあります。

 

また、個人情報の保護が厳しい昨今、聞込みや特殊な手法を用いて情報収集を行うこともあります。

 

 

ハッキリ言って

 

「地味だし、体力、精神力を酷使し、かなりキツイお仕事・・・。」

 

以前、勤めていた探偵事務所でも、興味本位で入社希望をしてきた人たちを数々拝見してきました。

 

ほとんどが面接でだいたい落とされます。

(ドラマのイメージやおもしろそうなどの志望動機だとすぐ見抜かれます・・・)

 

しかし!

 

熱い志を持って、根性がありそうな入社希望者ももちろんやってきます。

 

とりあえず採用された後、入社初日、先輩探偵と調査現場へ駆り出されます。

 

 

・入社1日目・・・先輩探偵の助手

 

(車の助手席に座って、尾行や張込みのノウハウを観察するだけ)

 

 

だいたいこの時点で次の日に出社しない人が多いです(汗)

 

「自分が想像していたイメージと違いました」

 

だとか、

 

「体力の限界です」

 

だとか、

 

 

「精神力が持ちません」

 

が、だいたいの理由です。

 

探偵をやる理由

 

探偵という仕事は、正直なところ、割に合った仕事ではありません。

 

「じゃあ、なんで探偵をやっているんですか?」

 

と聞かれる事があります。

 

その答えは1つ

 

 

「やりがい」です!

 

探偵事務所には、いろいろな悩みを相談しにくる人たちがいます。

 

浮気や不倫で悩まれている人や、ストーカーなどで盗聴をされているかもしれないと悩んでいる人。

 

自分の子供が非行に走り、家出をされ悩んでいる人。

 

いじめを受けているのに学校側が対応してくれなかったり、証拠がないからと悩まれている親御さん

 

警察は事件が起きてからじゃないと動きません。

しかし、事件が起きる前に解決するのが探偵なのです。

 

いろいろな悩みや相談を解決し、依頼者から感謝され、人助けができる

 

「渡邉さんに出会えてよかった」

 

この言葉を聞くと、調査の疲れや苦労も吹っ飛びます。

 

いつの日か、探偵業が市民権を得て、堂々と

 

「探偵をやってます!」

 

と言える時代が来ること願って、今日も調査に向かいます。