依頼急増の素行(行動)調査

調査員

最近、特に素行(行動)調査の依頼が多い傾向にあります。

 

素行調査とは、読んで字のごとく素行(行動)を調べる調査です。

 

従業員の素行であったり、お子さん、恋人や婚約者などの行動が気になり調査を依頼する方が増えています。

 

信用したいけど、何かひっかかる点があったり、子供が非行に走っていないか、婚約者の金遣いが荒く何に使っているか気になるなど、その人の行動を一度調べてみたいと思われている方が多いようです。

 

会社員

従業員の素行調査

 

素行調査で一番多いのが従業員の素行調査です。

 

営業職の従業員が不正を働き会社の情報を漏えいしていたり、営業中にサボっていたりなど蓋を開けてみればろくでもない従業員だったなんてこともよくある話です。

 

給料を払っている以上、勤務中はしっかりと職務をまっとうするのが当たり前ですが、就業中に営業のフリをしてマンガ喫茶やパチンコ店に入り浸っていたり、取引先との契約を会社を通さず個人で仕事を請け負い、売り上げを着手していたりする場合などがあります。

 

他にも、従業員同士で付き合っていたりする場合もよく見受けられます。

 

個人の恋愛は自由だとは思いますが、社内不倫をしている場合が多く、社会倫理に反した行動をとった交際をしている場合、その情報が社外に漏れると会社の信用問題にも関わってきます。

 

従業員の素行に関しては、会社が取り返しのつかない不利益が出る前にしっかりとした対応が必要です。

 

落書き

お子さんの素行調査

 

次に多いのが子供の素行調査です。

 

息子さんや娘さんの帰宅時間が遅く何をしているかわからなかったり、非行に走っている状況が見受けられたり、外泊して帰ってこないなど、お子さんの素行を心配される親御さんが素行調査を頼まれます。

 

最近は、防犯の為に小学生が携帯電話を持っていることも当たり前になってきました。

 

ですが、その便利な携帯電話によって危ない世界に引き込まれる可能性が増えたことも事実です。

 

出会い系サイトや今流行りのSNSなどでいろんな人と出会うことができるようになりました。

 

未成年にも関わらず飲酒や喫煙をしている場合はよくありますが、それ以上に恐ろしいのが薬物に手を染めていたり出会い系サイトなどで援助交際をしている場合も今の時代珍しくはありません。

 

先日も小学生が大麻を使用していたニュースが流れており衝撃を受けました。

 

私自身、今まで調査を行ってきて目を疑うような光景を嫌というほど目撃してきました。

 

自分の子供を疑いたくはないかもしれませんが、自分の子供を心配するのは親として当たり前のことです。

 

何かあってからでは遅い場合もあります。

 

少しでも不安な点がある時には一度、素行調査を行ってみることも子供を守る親の立場として大切な事だと思います。

 

肩ドンっ

恋人や婚約者の素行調査

 

恋人や婚約者の素行調査を頼まれる方も多いです。

 

調査対象者の普段の行動(生活状況)を調査し、勤務状況、勤務後の行動、金銭感覚や生活全般の行動を把握します。

 

もちろん、ストーカー行為になりかねませんので、相談の時点で調査を行っていいものかどうかをこちらでしっかりと判断させて頂きます。

 

そして、恋人や婚約者の素行調査をしている途中で浮気調査に移行する場合もよくあります。。。

 

依頼者としては金遣いが荒い恋人がギャンブルにのめり込んでいないか心配になって調査を入れているのに、浮気相手がいることが発覚したり、風俗にのめり込んで大金をつぎ込んでいる事実が発覚した調査もありました。

 

調査結果で複雑な気持ちになることも多いですが、調査をしなければわからなかった事実が調査を入れたことによって事実が判明し、それはそれで依頼者の今後の人生において知っておいてよかった事だと私は思います。

 

スクランブル交差点

素行調査を行うにあたって

 

当たり前のことですが、素行調査を行うとその調査期間中の調査対象者の行動が判明します。

 

知らぬが仏という言葉もありますが、知っていればこんなことにならなかったと後悔されるより、知ったうえでその問題についてどう向き合うかが大切だと思います。

 

本当に信頼している人だから調査を入れるのが後ろめたい気持ちになるのもわかりますが、調査を行い何も問題がなければ、その後はしっかりとその人を改めて信用できるようになります。

 

いつまでもモヤモヤした気持ちや疑う気持ちを持ち続けるのであれば、一度、素行調査を検討してみるのも解決策のひとつだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パートナーに浮気の兆候を感じたらすべき行動

手つなぎデート

 

パートナー(夫や妻)に浮気の兆候を感じたらどうしますか?

 

女性の場合は証拠集めをする(裏を取る)方が多いように思います。

メールやLINEのやり取りを確認したり、浮気相手の名前を確認したり、SNSなどで検索して相手の顔や素性を調べる人など、探偵顔負けの情報収集能力を発揮される方もいます。

 

しかし、ある程度の情報がわかった時点で完璧な浮気の証拠を押さえたと勘違いして旦那さんや浮気相手を問い詰め、早とちりな行動を起こす方が多く見受けられます。

 

相手に浮気を問い詰めたらそれ以上の浮気の証拠を掴むことは非常に難しくなり、相手を問い詰めても浮気を認めなかった場合がやっかいなことになります。

その後に法的な手段を取ろうとしても裁判に勝つまでの証拠に至っていない場合がほとんどです。

 

浮気を感じた時点で感情的になり相手を問い詰めたくなる気持ちはわかりますが、冷静な行動をとることが大切です。

 

スマホ

 

冷静な行動とは、

 

夫(妻)に浮気を問い詰める前に確実な証拠を集めておくことです。

 

その証拠の中でも一番重要な証拠が

 

誰が見ても継続した肉体関係があると明白にわかる証拠です。

 

例えば、浮気相手とのメールやLINEのやりとり、着信履歴や発信履歴、仕事が終わって帰宅した時間や家から外出した時間、カーナビに残っている場所の履歴や買い物をしたレシートなど、様々なものが証拠として使えますが、以上の証拠は完璧な証拠とは言いがたく、証拠プラスα(アルファ)αの部分になります。

 

つまり、無いよりはマシだけどあったとしてもそれだけでは証拠にならないものです。

 

一番必要な物は浮気している写真です。なんなら動画の方が間違いありません。

 

夫(妻)が浮気相手と肉体関係があるとわかる写真(動画)です。

 

これに勝る証拠はありません。

 

ただ、この証拠を撮影するとなると張り込み、尾行、撮影能力、調査機材など他にも様々な技術や機材が必要不可欠です。

 

隠し撮り

探偵を頼むメリットとは、

 

ズバリ、証拠集めを生業にしている探偵は全てにおいてプロの技術を持ち合わせています。

 

尾行、張り込み、撮影能力、状況判断、効率が良い調査のやり方など、

 

しかし、探偵に頼むと料金が発生します。

 

プロに頼むにあたって料金が掛かってしまうのは仕方ないことです。

 

例えば自分で髪を切ればタダですが、理容師や美容師に切ってもらうとなると料金が発生します。

 

プロに頼めば料金が発生する代わりに自分ではできない技術を提供してくれるのです。

 

ですが、店によって料金と技術に差があります。

 

そこを見極めることが難しいかもしれません。

 

髪型は失敗してもやり直しがききますが、探偵に調査を依頼して失敗すればやり直しがききません。

 

探偵事務所選びはかなり慎重に選ばなければいけません。

 

私がいつもお客さんにアドバイスすることは、

 

絶対に一つの探偵事務所に問い合わせをしてそこで契約を決めないことです。

 

いくつかの探偵事務所に電話をして相談を聞いてもらい、いくつかの探偵事務所に出向いて見積もりを取ることです。

 

そして、一旦持ち帰りその日に契約しないことです。

 

探偵は話術のプロです。

 

聞き込みなどでもそうですが、知らない間に相手の懐に入り込むプロでもあるんです。

 

その場の雰囲気にのまれ、つい契約してしまうなんてこともよくあります。

 

一旦冷静になって

 

「本当にこの探偵事務所でいいんだろうか?」

 

と、持ち帰ってしっかり考えて決断することが大切です。

 

砂時計

浮気の時効

 

浮気にも時効があります。

 

浮気相手を知った時点から3年が経てば時効が成立します。

 

探偵が取得する証拠は

 

浮気相手とデートや食事をしている写真やホテルに出入りしている裁判でも必ず勝訴する内容の証拠です。

 

また、浮気相手の名前や住所、素性を調べることも探偵の仕事です。

 

例えホテルに出入りした証拠があったとしても、浮気相手の名前や自宅住所がわからなければ内容証明郵便などを送れず手を打つ手段がなくなります。

 

例え離婚をするつもりがなくてもパートナーが浮気をしている兆候があれば、浮気の証拠が掴めるうちに証拠を集め、いざという時の為にとっておくことが重要です。