お墓参り~お盆~

代表の渡邉です。

もう8月半ばにさしかかりお盆も過ぎましたが、先日、時間をみつけてお墓参りに行ってきました。

母方のお墓参りを済ませ、西原村にある母方の実家を訪ねました。

 

というのも、母方の実家は熊本地震の被害が醜かった西原村布田という地域なんです。

熊本地震によって玄関部分を残し、家が全壊してしまいました。

 

唯一、玄関先だけを残し、すべてを解体したのですが、当初は残った玄関部分も解体し、新しく平屋を建て直す計画でした。

祖父母は同居していた長女夫婦と仮設住宅で暮らす事になり、毎日、仮設住宅から遠く離れた畑まで農作業に出ていました。

 

毎年お盆の時期に親戚を含め集まっていたのですが、地震によって全壊してしまった後の2年間はお盆の集まりもなくなりました。

 

そして、長い2年半の月日を経て、つい先日、やっとの思いで建て直しが完了。

2年ぶりにお盆に訪ねる事が出来ました。

見違えるように生まれ変わった祖父母宅。

 

約2年半、高齢にもかかわらず仮設住宅で暮らし続け、大変な思いをしながら生活をしていた心労は計り知れなかった事だろうと思います。

久しぶりに会った祖父母は、どことなくひとまわり小さくなった印象を受けましたが、前と変わらず元気な姿を見る事ができ、新しく建て直した平屋を見た時は、何か感慨深いものを感じました。

熊本地震の際は、県外からボランティア団体の方たちが来られ、解体作業やがれきの撤去作業をしていただき、その中には、ボランティア活動をされながら、身銭をはたいて個人的に寄付金をお渡しになられた方もおられたそうです。

 

現在は、周りの方々の手助けもあり、このように家も建て直す事ができ、私の祖父母に至っては、普通の生活がおくれるようになりました。

 

 

また、個人的にいただいた寄付金は感謝の気持ちと共にお返しさせて頂いたとの事でした。

 

寄付金の額ではなく、あの地震のさなか、その寄付金を無償で渡してくれたボランティアの方の優しい気持ちがどれだけ祖父母たちの心の支えになったかわかりません。

 

私も誰かの役に立つような人間になりたいと思い、この仕事を続けています。

 

熊本探偵社に依頼してよかったと言われるよう、日々頑張っていこうと改めて感じた1日でした。

 

 

 

 

 

 

探偵事務所は敷居が高い?

一歩踏み出す勇気を

 

今、パートナーの浮気の可能性を感じ、悩んでおられる方へ

 

パートナーの浮気、不貞の悩みは、家族や親しい友人にも相談し辛い悩みですよね…

それに、興信所や探偵に依頼や相談なんて、更に勇気がいるし…

 

そもそもこの業界に対して信用していいものだろうかと不安な方も多いと思います。

 

現に弊社に問い合わせを頂いた依頼者からも、相談に来られるまでに

 

「探偵事務所に問い合わせをすること自体が敷居が高く感じて、なかなか相談するのにも勇気がいりました」

 

「勇気を振り絞って電話しました」

 

と、言われる方が多くいらっしゃいます。

 

そのような不安を抱えておられる方へ、何が必要かと考えたとき、

 

まずは、「弊社を知って頂く事」

 

だと感じ、この業界に対する不信感を払拭出来るようにとの思いで、ブログを書いております。

 

弊社は、公安委員会への探偵業の認可は当然ながら、事務所を掲げ(中には事務所を持たない個人事業者もいます。)

更に、代表の渡邉がホームページ上に顔を出しています。

これは、何事にも臆さない姿勢や、顔も見えない会社に自分だったら依頼しないとの思いからです。

 

更に、私たちの商品とは、お客さまが見て、触れ、選んで購入するものではなく、

 

「この人なら信用して、打ち明けられる、任せてみよう」

 

と思って頂けるような、言わば、自分自身の信用が商品であり、信用されたからには、経験を積み、培った知恵や技術を最大限に発揮し、効率的に結果を出すこと、また、結果を元に今後、より良い人生を送るためのアドバイス、弁護士事務所へ同席し、根本的な解決までを寄り添いアフターフォローを行う事です。

 

他の探偵事務所には、見せかけの支社を出し、調査員の在中がない会社や、土地勘のない調査員の出張でまかなっている会社があること

 

熊本での調査は、絶対に地元熊本が本社の探偵事務所に依頼されてください。

勇気を出して、たくさんの会社に問い合わせをされて、信用出来るかを判断し、相談に行かれることをお勧めします。

 

そして弊社を訪れてみてください。

 

相談内容をしっかりと傾聴し解決策を導きだす代表及び、経験豊富な調査員が依頼の有無に関わらず、問題解決の糸口や的確なアドバイスをすることをお約束します。