離婚の原因

 

離婚原因について

 

◎浮気・不倫

夫婦には貞操義務という決まり事がありますが、その中に夫婦以外の関係で性行為は行ってはいけないという内容が含まれています。

一般常識的にも結婚をすれば、夫婦以外の関係で性行為を行うと浮気になり慰謝料が発生することはある程度ご存じの方が多いのではないでしょうか?

 

 

◎性格の不一致

 

離婚で一番多い原因ではないでしょうか?

他人同士が結婚し共同生活を行うのですから性格や考え方は違って当たり前のことですが、一緒に過ごす時間が長いとお互いの嫌なところが見えてきたり、愛情が覚めて婚姻関係を継続することが困難な場合があります。

夫婦双方がこのまま一緒に生活していてもお互いきついだけだと感じている場合、性格の不一致で離婚する事もめずらしくありません。

 

◎暴行(DV)虐待

特に男性に多いのがDV問題です。

男性は女性より力が強いのは当然ですが、妻に対し喧嘩の際に手を挙げてしまうと暴行(俗にいうDV)になります。

手をあげないにしても言葉の暴力も存在します。

DVも離婚の原因としてよく取り上げられる原因です。

 

◎金銭問題

ギャンブルでの借金や浪費癖、それに伴って生活費を入れないなど、金銭トラブルが離婚原因になることも多いようです。

金銭感覚の違いは長い時間をかけないと埋まらない事もあるので性格の不一致と共に離婚原因の要因になるようです。

 

◎性的問題

夫婦とはいえ無理やり性行為をする事が許されているわけではありません。

あくまでも同意の上で性行為を行う事が大前提ですが、逆に性行為がまったくなく、セックスレスになった場合でも離婚原因になるようです。

 

◎親族問題

嫁、姑問題という言葉を耳にしたことはあると思いますが、夫婦間の問題ではなく、夫や妻と両親と馬が合わず婚姻関係を継続することが難しいと判断する人もいるようです。

先々のしかかる介護の問題なども一つの原因で上げられる場合もあるようです。

 

 

◎その他の問題

上記であげた離婚原因の他にも様々な事が原因で離婚に至る事はあります。

例えば、宗教や思想の違い、配偶者が犯罪を犯し犯罪者になったなど婚姻関係を続ける事が難しい場合は、離婚も選択肢に入れなくてはいけなくなるようです。

 

最後に

 

離婚を前提に結婚をする人はいません。

 

しかし、他人が一緒になることで様々な問題が生じる事はごく自然な事だと思います。

 

そういった壁を乗り越えていく関係が夫婦ですが、どうしても婚姻関係が続けられない原因がある場合は、

離婚も視野にいれ、明るい未来の為に決断しなければいけない事があるかもしれません。

 

離婚は間違った選択肢でもなければマイナスな選択肢でもありません。

どんな状況においてもポジティブに考え生きていく事が大切だと思います。