調査の精度

先日、東京の大手探偵事務所より浮気調査の下請けを頼まれ現場調査を行いました!

 

 

事前に車両に調査機材(GPS)がセットされていたのですが、最短位置更新が2分間隔でしかわからないという尾行を行う側としては正直使いづらい代物でした(;・∀・)

 

今のご時世、個人でもネットで容易にGPSをレンタルできますが、レンタル業者によってはGPSの精度には差があり、精度の低いGPSはだいたいの位置が把握できてもけっこうな誤差(500メートル程)があり、対象者の位置が明確にわからない場合があります。

 

弊社が使用しているGPSは、探偵業者専用の精度の高い機材を使用しているのですが、車のナビのように対象者の動きがわかり、わずかな立ち寄り先も見逃さず把握できます。

 

全てではありませんが、全国区の大手の探偵社は県外に支店の登録はあるものの調査員は在籍しておらず、電話転送のみの探偵社もありますので土地勘のある地元の探偵社に調査を依頼することをおすすめします。

 

弊社は今のところ地元、熊本でしか探偵業を営んでいませんが、支社展開がなくても、今回のように横のつながりがあると、大手の東京の探偵社から九州県内の調査を引き受ける事があります。

 

東京の調査員が九州の調査をするとなると渡航費の面で依頼者の負担が増える事と土地勘のない調査員が調査を行うことになりますのでかなりのデメリットが生じてしまいますからね。。。

 

今回は首都圏の大手の調査会社に弊社の調査力を示すためにお引き受けした面が大きいですが

 

弊社はご依頼を受けた案件は自社で全て対応しているのでご安心下さい。

 

 

下請けでお引き受けした調査目的は達成されたのですが、東京の大手の探偵社が、熊本、九州で調査している弊社の使用するGPSに劣るものを使用していることに

驚かされた次第です…

 

調査で大事なのはなんといっても

 

「調査力」と「使用する調査機材」、「段取り」、「下準備」それと「想定外」の事が起きても臨機応変に対応できるよう幾度となく「イメージ」を重ねる事です。

 

なので、機材に対しても常に最新のものをチェックし、調査の効率化が図れると判断したものは積極的に取り入れています。

 

気になる方は、過去のブログの「調査機器の進歩」をご覧になってください。

 

「イメージ」?と思われる方も多いと思いますが、調査歴8年で培った経験の中で、僕が新人に教育する上で一番大切だと教えるのが、この「イメージ」する力を養うことで、物理的に撮影困難な現場での撮影を可能にする上でもまた、最悪の状況化をどう乗り切るかに際しても、幾度も「イメージ」を重ねて、対応する術を身に着けることです。

 

「経験」を積まないと咄嗟の状況の変化に対応できないですしね…

 

兎にも角にも、弊社は経験豊富なベテランぞろい!!

10年選手でも30代とフットワークも軽いです!!

料金に見合った結果と、調査後、問題の根本的解決まで、とことんお付き合いさせていただきます。

 

今、調査を検討中で、パートナーの不貞に悩まれている方は、是非一度弊社にお問い合わせ下さい。