調査の目的…ご相談前に知っておくべきこと

浮気調査で弊社に問い合わせ後、来社して頂いたご相談者の方々は大きく分けて2パターンあり、

一つは不貞の事実を電話やライン等を見て知っており、離婚を視野に入れ、責任追及、慰謝料また養育費の交渉を有利に

勧めるべく証拠を取りたいと目的がハッキリしているご相談者。

もう一つは女性の相談者に多いのですが、離婚は考えていないが、事実が判明すれは情交相手に慰謝料を請求したいというご相談者です。

この時点で弊社は調査を行うべきがその必要性があるのかを相談者に明確にします。

弊社は調査料金を掛けて結果取れる慰謝料の相場を提示し、依頼者の利益に則さない調査を進めることはありません。

まず、離婚を前提とした場合には配偶者と情交相手女性の双方に慰謝料を請求できます。

更に有責配偶者に対して養育費等の請求を有利に進めることが出来ます。

要は調査に掛けた金額を顧みても依頼者の利益に則した結果となります。

しかし、離婚をしない場合ですと情交相手に対する慰謝料の相場は低く、調査料金との兼ね合いにもよりますが、

金銭の面での利益は少ないと言えます。

金銭的な利益でなく、情交相手には責任追及をしないと気持ちの整理がつかないと思われる方には

調査を勧めますが、弊社は相談者すべてに依頼を進めるような業者とは違いますし、誇りをもって仕事を行っています。

 

なかには他社で一度依頼をしたが高額な追加調査を勧められたと弊社に見えられるご相談者もおられます。

全うに仕事をしている僕らには業界のイメージを悪くする同業者には退いてもらいたいものですが…

僕らは地道に調査を行い結果を出し良い調査会社だと広く認知して頂ける事が大切だと考えています。

 

悩みは一人一人違いますし、不安を抱えたままでいても根本的な解決には至りません。

相談時に信頼してもらえない内は契約する必要もありません。

依頼されなくても悩みを解決させるためにはどうすればよいのかを一緒になって考えます。

そして勇気をもって踏み出された沢山の依頼者が、調査後、前向きになっていく姿や

紹介での依頼の増加からもわかるように、実績に伴いこの仕事に対するやりがいや自信をさらに持てるようになりました。

こうして依頼者に支えられる一方、新たな依頼者の支えになれるように、これからも邁進していこうと思います。

 

悩みを抱えたあなたの一助になります。

ご相談お待ちしております。