理想と現実

熊本探偵社の代表、渡邉です。

 

最近、浮気・不倫問題でご相談に来られるお客様や電話で問い合わせをされるお客様からよく聞くお話しなのですが、

弊社に相談される前、他の某探偵事務所に相談に行った際の話で、

 

「慰謝料500万円とれるから1ヶ月の調査料金150万円なんかすぐに取り返せます」

 

「財産分与で持ち家のローンを全額相手に返済させれます」

 

「調査料金がないのであれば銀行から借りたり親から借りれば最終的には慰謝料で取り返せるので借りてきてください」

 

 

など、相談者に都合のいいことばかり述べて意地でも契約を取ろうとする探偵社がいるようです。

 

熊本で有名になってきたのか、よく似たような話を聞くので、相談者がその某探偵社の会社名を言われる前にどこの会社に相談されたのかいつも私が探偵社の会社名を当てています。

 

そうすると相談者はビックリされますが、本当によく同じような内容のお話を耳にします。

 

 

探偵を約15年している私から言わせれば、上記のような都合のいい話など嘘のかたまりです。

 

夢を持たせすぎですし、はっきり言わせれば詐欺に近い営業商法ではないかと思います。

 

よくそんな平気で軽はずみな事が言えるなと・・・

 

 

現実は厳しいです。

 

私は希望は持たせますが、現実を踏まえた話しかしません。

 

裁判所の判決でも、離婚をする際に受け取れる慰謝料は、せいぜい良くて300万円がいいとことですし、

200万円でも上出来かもしれません。

離婚をしないのであれば50万円から100万円でしょう。

 

しっかりとした証拠を集めたとしても、判決は上記金額が妥当です。

 

示談で和解合意する場合は、上記の金額以上に慰謝料を受け取れる場合もありますが、かなり稀な話になります。

 

財産分与だってもめます。

例えパートナーが不倫をして離婚の原因を作ろうが、財産分与についてはまた別の話になります。

簡単に言えば、貯蓄も借金も半分半分の折半です。

 

ある程度の経験をしている探偵であれば、現実を踏まえた話をするのが普通だと思いますが、最近、本当によく某探偵社の都合のいいお話ばかりを耳にするのでこのブログを書きました。

 

調査が終わった後、依頼者が500万円の慰謝料を取れなかった場合、責任を取ってくれるのであれば契約をしてもいいと思いますが、調査後、慰謝料が取れなくても、財産分与で依頼者の条件が通らなくても、何かしら言い訳をして依頼者に無理やり納得させているのではないかと思います。

 

ましてや調査料金が1ヶ月150万円など、どういった調査をしているのか疑問でなりません。

 

弊社の場合、裁判資料の証拠取得調査の料金は、

1週間15万円、平均調査期間2週間で30万円、

3週間の調査で45万円、最長1ヶ月の調査で60万円ほどになります。

 

そして、調査後にご依頼者から

 

「熊本探偵社(渡邉さん)に頼んで本当に良かった」

 

と言ってもらえます。

 

私は調査料金に対しての調査内容にも自信がありますし、最終的な問題を解決するまで責任をもってサポートします。

 

私も人として完璧な人間ではありませんが、

人に恥じない生き方をしていますし、ましてや目先のお金に飛びついたりはしません。

 

他の探偵社も依頼者の本当の意味での手助けをしてほしいものだと思います。