浮気調査のタイミング

浮気をしているかも?

とパートナーに不審な行動を感じたらその時が浮気調査のタイミングです。

 

弊社に問い合わせをされてこられる方の中には、調査を依頼するタイミングが遅すぎるパターンの方がおられます。

 

数年前から薄々浮気に気づいていたものの、何か証拠を集める行動はおこさずそのままにしておいて、

パートナーと別居をしたり、離婚調停を始めたころにやっと動き出す方がおられますが、

すでにお互いが離婚に向けて協議をしている状況の場合は、その間に浮気の証拠を押さえたとしても、すでに他の理由で家庭が破綻していたと主張されればその理由がまかり通る場合があります。

 

浮気の慰謝料が請求できるのは、あくまでも離婚の原因が、

 

「パートナーの浮気(不貞)」

 

が原因であるという事が明確な場合のみです。

 

他の理由ですでに離婚の協議をしている状況であれば、すでに家庭は破綻しており、その間に浮気をしていた事実があったとしても、離婚に伴う原因は浮気ではなく、他の理由が原因で離婚に向けて双方で調停を進めているので、浮気は後付けした理由と判断される場合もあります。

 

すでに双方が離婚をすることに同意しているが、

財産分与や養育費等の具体的な条件が決まっていないから離婚をしていない状況であれば、

離婚をすることが前提にあるので浮気調査をしてもその証拠が意味をなさない場合があります。

 

探偵に浮気調査を依頼すると調査料金がかかります。

 

料金は、探偵事務所によってさまざまですが、浮気をしているかもしれないが確実ではない場合、

弊社には初回サービス料金でお引き受けできる簡易調査がございます。

 

 

料金は税込み11.000円のみです。

 

 

追加料金等は一切ありませんし、しっかりと契約書を交わした上で調査に取り掛かります。

 

私は相談された際にすでにタイミングが遅すぎる場合は、調査をしても意味がないとはっきりとお伝えしますが、

同業者の中には不安を煽り契約をさせようとする業者も存在します。

 

浮気調査は気づいたその時がタイミングです。

遅すぎた場合は、後悔しても時すでに遅しです。

 

相談だけでもかまいませんのでパートナーが浮気をしているかもしれないと感じた方は、すぐに熊本探偵社までご相談ください。