折り紙つきの調査能力

先日、浮気調査が完了した案件で、ご主人が浮気相手と待ち合わせを行い、ラブホテルを利用する状況から、待ち合わせ場所で別れるまでの流れを2回撮影、別れ際に車内でキスをする様子まできっちり抑え、浮気相手の素性(名前、居住先及び勤務先)を判明させ、弁護士へと繋ぎ、依頼者がご主人と別居後、ご主人及び浮気相手の女性に内容証明を送付するまでの流れで終えたのですが…

 

内容証明を送付されたご主人が、

 

「浮気相手はいない!肉体関係などない!!」

 

と反論しだしたとのことで、依頼者様より近況報告の連絡が入りました。

 

 

このような往生際の悪い対象者がたまに見受けられますが、

 

「これは、対象者が確実な証拠をとられていない」

 

と高を括っている場合がほとんどです。

 

 

しかしこれは、逆を言えば

 

「調査対象者に気づかれぬ内に証拠集めが完了している」

 

という、調査会社にとって「プロ」として調査を終えた結果であるのです。

 

 

ご相談者からよく、「調査がバレることはないのでしょうか?」「バレるのが不安です」と言われますが、

 

バレないように調査をするのが大前提で、調査対象者が警戒行動をとった場合、尾行を中断したり、場合によっては別の日に改めて調査を仕切りなおすこともあります。

 

 

依頼者はなるべく早めに証拠を集めたいと皆さん同じお気持ちで藁をも掴む思いで調査をご依頼されますが、バレてしまっては本末転倒です。

 

なのでこちらもなるべく早く証拠を集め、調査を完了したいのですが、バレる危険性があると感じた場合は、悔しいですがその時点で深追いはせず、後日改めて調査を実施することがあります。

 

調査対象者に浮気相手がいるのであれば、焦って証拠集めはせず、慎重に確実に証拠を集めていくことが重要です。

 

また、肝心な証拠能力はもちろん、お繋ぎした数々の弁護士へ報告書を見て頂く機会がありますが、

弊社の証拠能力の高さは「折り紙つきです!!」

 

 

内容証明だけでは、対象者が高を括る気持ちも解らなくはないですが…

 

示談で浮気の事実を認めず、調停や裁判に進むにつれて、証拠が明らかになります。

 

調停員や裁判官など

 

「第三者が、不貞の事実を明確に判断できる内容の証拠」

 

を集めていますので、最終的には不貞が立証されます。

 

今回の調査においても、

 

依頼者から、「主人は肉体関係はないと反論してきていますが、弁護士の先生から、いろんな角度から流れるように撮られていて、しかも夜間の顔まで鮮明なので、盤石です。ご主人が何と言い訳をしてこようが、この証拠があれば不貞立証は可能です。」

 

と言われました。と、安心できる言葉を頂きました。

 

 

これまでの調査で、示談や調停、裁判を終え、離婚の成立した依頼者の中で、

自身が依頼されるのに「勇気が必要だったけど、頼んでよかった」と仰ってくださった方で

「コレから依頼を検討されている方の一歩を後押ししたいと」

報告書をサンプルとして提供して頂いたものもございます。

※個人情報保護の為、モザイク等の加工は行っており、個人が特定できないようになっております

 

また、調査終了後に依頼者から頂いたアンケートもございますので一度目を通されてみてください。

 

今、パートナーの浮気に悩んで苦しい想いをされているのならば、

 

「百聞は一見に如かず」

 

依頼の有無に関わらず、相談は無料ですし、その目で弊社の調査力を判断してください。

 

 

熊本探偵社