忍耐…

効率よく現場に入り、限られた調査期間で結果を出すことを常に心がけていますが、

対象者が不規則に接触する場合、ホテル利用も宿泊か休憩なのか…また情交相手の居室に留まっている場合など、

何時に出てくるのか判然としない等、パーターンの無い調査もままあります。

通常、車中から基本カメラを回しっぱなしで待機するのですが、エンジンを駆けた状態での長時間の張り込みが困難な現場や

動きに合わせて撮影する場合は、集中力と瞬発力さらには忍耐力が欠かせません!!

 

やはり新人の時は、初っ端から集中力全開で調査にあたっていたので心が折れそうになることが度々ありました(;^_^A

まあホテルの出入り口や、アパートの居室など一点を長時間見つめ続けるって簡単に思えて実は大変で…

自然の景色やなんかは心穏やかに眺めていられるもんですが、調査員が向かい合うのは一枚の無機質なドア…

変化のない景色…それに一定距離の一点を見つめ続けていると、視神経の疲労も半端ないんです(*´з`)

3時間も超えてくれば、「あっ!!5分後に出てくる!!!」…なんて感じてきたり(大概は外れますけど…)

「ドアが透けて見えないかな~」(そうな超能力無いし…)や「悟りは近い!!!」(坊さんかっ!!)なんて馬鹿げた事を考えたり…

色々妄想激しくなっちゃうもんなんです(*´з`)

 

つまりは邪念を捨てて、「明鏡止水」状態で「絶対に俺が撮るんだ!!」との強い意志と忍耐力が結果に繋がるんです。

 

当業界は尾行、張り込みが主となる仕事…前のブログで触れたように

日々の地味で地道な調査の毎日なんです。

だから業界にTVや映画の影響を受けて、イメージと違うと辞めていく出入りの多い職種でもあります。

依頼者のカバーできない不明な時間帯に、「代わりの目」となること

そして、代表がしているように依頼者への密な報告が悩まれている依頼者の不安を払拭することで、

始めて信頼関係が生まれるものだと思ってます…

 

弊社は相談者、依頼者の不安を不安のままにしません!!!!!

依頼つまりは弊社を選んで信任されたからには、結果とその後の人生が良いものに向かうまで確りサポート致します。

是非、相談だけでもしてみませんか?