ゴールデンウィーク

毎年、この時期の観光地はどこに行っても人だかりで辟易しますが、

ゴールデンウィークは調査の立て込む時期でして…

「出張と言っているが、旦那の行動が怪しい」

「休みのはずが出勤すると言っている」など

日時指定の調査が毎年はいります。

 

今年は出張と宣い不倫をしていた不届き者の対象者を尾行して、

「杖立温泉」にて鯉のぼりを手を繋ぎ見る二人を、後ろから撮影する「私」。

露店にて食事を済ませ、近くの家族湯に移行し、入浴後の二人の様子を撮影する「私」。

その後、市内に戻り、ラブホテルに入り、フロントのパネルにて居室を選び、

エレベータに乗り込む二人…を撮影する「私」。

(翌日はホテルを出て、待ち合わせ場所で別れ、女性の自宅を判明までで調査終了しました。)

このような流れで、自分の意志ではなく「仕事」として毎年観光地を巡ってます…

 

如何せん、規定調査は一発勝負なので、ポイントを押さえた撮影を常に意識していないと

いけませんが、観光地はビデオを持っていても不自然に見えない点ではやり易さもあります。

 

そして、規定調査の依頼者側にも、調査料金を押さえられる点でメリットがあり、

効率的に調査を入れることで、結果を伴うことが可能になります。

 

しかし、「不定期に外出」や、「家に帰らなくなった」など、

行動パターンが読めない場合は、車両の動向を把握し、

勤務先や自宅以外の立ち寄り先を判明させ、調査に移行する必要があります。

弊社では、「簡易調査1万円」調査と言う、車両の動きを24時間、最短30秒間隔で

1週間~10日間を諸経費込みで、低価格で実施していますので、接触頻度や行動を

事前に把握されていなくても、諦める必要はありません!!

 

他にも、日数や調査可能時間をご予算に応じて無駄なく組むことが出来ますので、

「私の場合」は「どれくらいの料金」で、「どこまで」証拠が取れるのか等、

気になる事は、気軽にお問合せ頂ければ、全て明瞭にお応えいたします。

 

熊本探偵社 スタッフブログ