あけましておめでとうございます。

年の暮れの12月30日。

夜の10時過ぎに依頼者からお歳暮ならぬお気持ちの品を玄関前においときましたとメールが✉️来ました。

 

夜な夜な事務所に行ってみると階段を上がってすぐの玄関前に実に立派な門松ならぬ正月飾りの綺麗な花が置かれていました。

 

 

豪華すぎてビックリです。

わざわざこんな立派な花を届けて頂けるなんてありがたいです。

 

 

数組のご依頼者は、旧年中に調査が終わらなかったご依頼者や調査は終わったもののそれ以降の問題解決に向けて年をまたいでしまったご依頼者もいらっしゃいますが、このお花をお持ちいただいた依頼者もその内のお一人。

 

調査は一昨年に終わりすでに離婚を選択されましたが、元ご主人の浮気相手に弁護士を通じて責任追及を行い戦っておられます。

 

慰謝料が欲しいわけではなく、相手に自分が犯した軽率な行動に向き合い家庭を壊した責任を果たしてもらいたいとの思いだけで動かれています。

 

みなさん、どういった形であれ必ず問題解決に至ります。

 

難しいかもしれませんが、どんな状況においても前向きに考えて進むことが大切です。

 

2020年、みなさんが前向きに進まれる事を願って今年も調査に取り組みます。

 

いただいたお花は応接間に飾らせていただきました。